音響用吸音パネル SHIZUKA Stillness Panel B-500の使用方法

音響用吸音パネル SHIZUKA Stillness Panel B-500の使用方法

 こんにちは、サイレント・プロバイダーです。当サイトでは、ホームセンターや一般ネット通販では取り扱っていない吸音材・遮音材・防振材を工務店様や一般のお客様向け販売をしております。

 本日は、音響パネル「SHIZUKA Stillness Panel B-500」をご紹介させていただきます。本製品は500㎜×500㎜の小型サイズながら、低音~高音域まで吸音できる構造になっております。どんなにいいスピーカーでも室内環境により本来の性能が発揮できないケースがありますので、適度な吸音を行うことで理想の音環境を実現できます。小型ゆえに、机の上や部屋の角などに置くことで、音響のコントロールが可能となります。厚さ37㎜ながら幅広い音域が吸音できる秘密は、3種類の異なる比重・素材構成によります。表面に硬質のアルミ繊維材(中高音域吸音)、内部にハニカムと吸音フォーム(低音~中高音域)による空気層を設けることで薄型ながら幅広い音域に対応することができます。サウンドエンジニアやオーディオ愛好家向けの製品となっております。

 製品には脚つき と 脚なし がありますので、設置する場所によりご選択いただけます。脚なしの場合は、壁際に立てかけたりすることができます。脚ありの場合は、机の上に自立させたり、部屋の角に設置ができます。脚はパネルの側面にビス穴が開いておりますので、ビスを手で回して固定をしていただきます。下方部に隙間ができますので、サイズによってはケーブルを下に通すことも可能です。ご採用者の方は、サウンドエンジニアの方机の上に置いて音の編集等、アーティストの方は机上で演奏する際のコントロールでご利用をいただいております。オーディオ愛好家の方には、スピーカー背面(ただし、B-500ですとスピーカーよりサイズが小さいため、S-1000B-1000SDMがおススメです)に設置していただいたり、部屋の角にたまる低音処理にご利用いただきます。色はシルバー(S-500)とブラック(B-500)がありますので、お部屋の雰囲気やスピーカーの配色に合わせてお選びいただけます。色による性能変化はありません。

 ご注文より約2週間程度になります。室内の反響音や音響のコントロールでお悩みの方はぜひご検討くださいませ。

ブログに戻る